【ガジェット紹介】ウェアラブルウォッチについて

みなさん

 

こんにちは!

最近暑いですねぇー(;´・ω・)

日中外に出ると命の危険を感じるような温度なので、

みなさんもこまめな水分補給を忘れずにしましょう( ゚д゚)ウム

 

さて本日はウェアラブルウォッチについて語ろうと思います。

きおはこれまで、ウェアラブルウォッチの王道である、

Apple watchとFITBITを5年くらい使ってきましたので、

その経験をもとにウェアラブルウォッチの選び方をシェアしたいと思います。

 

まず結論から・・・

『アップルウォッチ3は買うな!』以上です。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うわけにもいきませんので、

なぜそう思ったか下記していきます。

 

まずきおが今までつかったウェアラブルウォッチは、

時系列順にすると以下です。

-Apple Watch2

-Fitbit AltaHR

-Garmin vivosport

-Fitbit Charge3

-Apple Watch3

-Fitbit Inspire2

-Fitbit Charge5

我ながら主要なウェアラブルウォッチをいろいろつけてきたと思います。

現在のウェアラブルウォッチを大別するとApple watchとそれ以外に

分けることになると思います。

 

■Apple watchSEの特徴

 -GPSモデルとCellularモデルの2種類がある

 -50m防水

 -電池持ち 最大18時間(公称値)

 -光学式心拍センサー

 -Apple Pay使用可能

 -iPhoneと親和性が高い

 -サイズが2種類

 -バンドアクセサリが豊富

 -単体で音楽再生可能

 

Apple watchの良い所はiPhoneとの親和性の高さが一番です。

きおの使い方としては時計単体で音楽が聴けるのがポイント高いです。

ランニングの際にAirpodsApple watchだけで完結するので非常に

使いやすいです。悪い所は大きいためつけたまま寝れない点と

OSアップデートの際に時計側の容量が必要なところです。

現状Apple watch3は容量が8GBしかないので普通に使うだけで

容量不足でOSアップデートができないので製品として終わっています…

 

■FitBit charge5(そのほか代表として)の特徴

 -GPS搭載

 -50m防水

 -電池持ち 最大7日間(公称値)

 -皮膚電気活動スキャン

 -心拍センサー

 -血中酸素ウェルネスのモニタリング

 -睡眠スコアの記録

 -Fitbit Pay使用可能

 

Fitbitの良い所は何といっても電池持ちの良さです。

電池持ちがいいため毎日充電する必要なく、ちいさいので

睡眠トラッカーとして使いやすいです。悪い所はFitbit payが使いづらい点と、

iPhoneの通知がたまに取れないため親和性が低い点です。

 

正直、Fitbitはいろんな計測ができますが、

最初こそ測定データをよくチェックしているものの、

いまではアプリをひらくのもめんどくさい状況です。

もう一点、バッテリーは持ちがいいからこそ充電のルーティンができず、

気づいた時にはバッテリーがなく、困ってしまうことが多いです。

(ずぼらなきおならではかと…)

 

以上のことから、こまめにデータチェックを重視する人にとっては

Fitbitは非常に良い選択だと思います。ただしバッテリーの持ちを

重視される人へのアドバイスですが、一日一回充電しなければいけない

Apple watchは逆にルーティン化されるため、気づいたら充電切れ。

なんてことは発生しづらいかと思います。

 

正直できることは似通っているので好きなように選べばいいと思います。

あえておすすめを上げるとすると、おすすめは以下です。

 

iPhoneの人:Apple watchSE以降

Androidの人:Fitbit or ほかのメーカーのウェアラブルウォッチ

 

以上がきおの結論です。

 

ただしApple watch3、オメーはだめだっ!!(ꐦ`•ω•´)

OSの更新ができないのは製品としてだめだろ(´_ _`)シュン

 

きおは9月に発表されるであろうApple watchSE2を購入したいと思います。

 

では今日はこのへんで

 

きお

【ガジェット紹介】iPhoneの新規購入

みなさんこんにちは

きおです。

 

皆さんはコスパという言葉をきいて何を思い浮かべるでしょうか?

最近ガジェット系YouTubeを見ているとコスパという言葉をよく聞くのですが、

基本的には安い機材をコスパいいと説明していて違和感を感じます。

コストに対してパフォーマンスがいいことを「コスパが良い」と

表現するため、安い=コスパが良いではなく、高くてもコスパが良いと

説明してもいいと思っていますが、あまりそういう商品紹介を

見たことないので、もやもやしている今日この頃です。

 

きおのこの数か月で一番の散財は携帯電話です。

きおと奥さんの2台一気に購入しました。

 

まず今まで使っていた携帯はiPhoneSE2で、

夫婦で同じものを購入して使っておりました。

このご時世に指紋認証や、小さいサイズ感を気に入ってましたが、

一番のネックはやはり電池の持ちと思います。

 

通勤がおおよそ1時間強かかるのですが、フル充電で出かけて、

通勤中YouTubeを見ていると会社に着いた時には電池が半分まで減っており、

モバイルバッテリーが必須な運用となっておりました。

 

奥さんもバッテリーの持ちに不満がありつつ、

iPhoneSE2のカメラもやはり画質がいまいちなので

その点も不満だったようです。

 

今回我々が購入したのは、、、

きお :iPhone12無印 128GB

奥さん:iPhone13Pro 128GB

 

それぞれ選んだ理由ですが

きおの選んだ理由;

 ・iPhone13のカメラ突起が出すぎているのが好きではない

 ・iPhone12miniだとバッテリーの持ちがやはり悪そう

 ・カメラは気にしない

きおの選び方は様式美です。きおも製造業に携わっているので、

製品の見た目にはこだわりがあります。少なくとも机に置いて、

ガタつく携帯(カメラの突起がでかい)は美しさを感じることができず、

もっと見た目の美しさを気にしてほしいとと切に願います。

今出ているiPhoneの中で、ケース込みで製品の美しさはiPhone12が一番と

思い購入しております。今後のiPhoneはさらにカメラが突出していきそうなので、

もう新しい製品は変えないかもしれません。(初代iPhoneSE戻ってこないかな…)

 

奥さんの選んだ理由;

 ・バッテリーの持ちが多い奴

 ・カメラの画質がいい

奥さんはシンプルに機能美を重視しております。

iPhone13ではProとProMAXの違いは大きさだけなので、

手の大きさを考慮しiPhone13Proに決めました。

撮影した写真や動画を拝見しましたが、めちゃくちゃきれいな映像が

とれているので、素直にiPhone13のカメラの進化に感動しました。

 

新しい携帯で子供たちや家族の思い出をきれいにかっこよく残していきたいですね。

 

※ちなみにバッテリー比較をされている方がいらっしゃいますので、

 iPhoneをご購入検討されている方はご確認してみてください。


www.youtube.com

 

次回は車購入の話でも書こうかな?

 

ではでは

きお

【ガジェット紹介】DJI Action2

こんにちは!

きおです。

 

ここ数か月目まぐるしく変わっていく状況に

置いてかれそうになる一方です。

 

この数か月の間に

・妻出産のため里帰り (妻実家は沖縄県にあります)

・第2子誕生

・ワーケーションで沖縄で育児しながらテレワーク

 

実際ワーケーションは直上の上司には話してますが、

会社のルール的にはNGなことやっておりました。

※もちろん仕事は手を抜いておりません(`・ω・´)

 

この数か月の中で散財はあまりしておりませんが、

アマゾンプライムデーで数点購入しましたので紹介しておきます。

 

1.DJI Action 2

販売当時から比べると今はプライムデーじゃなくても30%オフくらいで購入可能ですが、アマプラデーでは40%オフになっていたので購入しました。

きおはアクションカムはGopro5sessionというものを使っていますが、電池が持たなくなっていたため、思い切って購入しました。車載動画をとったり、磁気マウントを子供につけて子供の視点を撮影したいと思っています。

噂では熱暴走でカメラが止まることがあるとのことですが、1080p30fpsで撮影するきおにはあまり関係ないかと。。。でも充電したさいのアチアチ感は確かに心配になるレベルです。使用感は後日ブログに上げたいと思います。

 

2.CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー

きおこのアマプラデーのうらで携帯を変えました。iPhone12をいまさら購入しましたが、せっかくmagsafeが使えるので、上記CIOのハイブリッドワイヤレスバッテリーを購入しました。この商品モバイルバッテリーなのですが、magsafe対応でありかつ、Applewatchの充電も対応しています。この一台でiPhoneもApplewatchも充電できるので、出張の多いきおには荷物を減らす目的でぴったりだと思います。数回使った感想ですが、もうちょっとバッテリー容量が欲しいと思ったのが本音です。magsafeだとエネルギー損失が多いのかも…こちらiPhone充電中はアチアチになります。モバイルバッテリー裏側のスタンドを開いて放熱してあげるのがいいのかも。

 

3.タオル研究所 フェイスタオル

いろんなYouTuberの動画を見ているとよく出てくるタオルです。毎回アマプラデーにはセールをしているので、このタイミングで購入が吉と思い買いました。きおはタオルにはうるさいのですが、こちらの商品は柔らかさもあり使い心地いいと思いましたが、めちゃくちゃいいというほどでもなくコスパのいいタオルなのかなと思いました。

 

以上あまり散財しておりませんが、

DJI Action2はひさびさにわくわくする買い物でしたので、

これからじっくり使って思い出を増やしていきたいと思います。

 

ではでは

 

きお

【ガジェット紹介】イヤホンのいろいろ

こんにちはきおです。

 

最近新しいゲームにハマっている今日この頃です。

新しいゲームというのもVampire Survivorsというゲームです。

レトロな見た目ですが、何回も繰り返しやってしまうほど中毒性が高いので

みんさんもぜひやってみてください


www.youtube.com

 

さて本日はイヤホンについての紹介です。

きおはそもそも音楽好きなので色々とイヤホンを試したのですが、

ピンキリで色々試した結果最終的に落ち着いてきた結果を共有したいと思います。

主な用途としては通勤中・テレワーク・ゲームです。

それぞれの用途に合わせて使い分けているので、色々と多くなっておりますが、ご了承ください。

 

①アップル 純正イヤホン(EarPods)

いきなりこれかよと、最初から期待はずれになってしまっては申し訳ないですが、

このEarPodsは個人的には最もコストパフォーマンスの良いイヤホンだと思って

おります。

癖のない音作りがされており、よく言えば原音忠実、悪く言えば迫力のない音です。

音楽をかっこよく聴きたい方にとっては物足りないし、バランスの取れた音楽を

聴きたい人にとっては理想的なイヤホンだと思います。また巷で流行りきっている

カナル型ではなく、インイヤー型なので、カナル型が苦手な方にもおすすめです。

カナル型に比べるとやはり外の音は聞こえやすいのは長所でもあり短所でもあります。

また地味にマイク音質がいいので電話会議にも結構使っています。

 

総評

音質   :★★★☆☆(3点)

フィット感:★★★☆☆(3点)

外音遮蔽性:★★★☆☆(3点)

コスパ  :★★★☆☆(3点)

ゲーム  :★★★☆☆(3点)

通話   :★★★☆☆(3点)

これを基準として相対比較していきます。

 

ゼンハイザー CX 300S BLACK

EarPodsからすこし値段が上がってゼンハイザーカナル型イヤホンです。

コスパの良いイヤホンとして有名なイヤホンです。ゼンハイザーといえば

IE300など耳掛けタイプが有名ですが、こちらは普通のタイプ。

カナル型なので、遮音性はEarPodsよりも高くなります。音質はバランスいいですが、

低音もしっかり出ており、EarPodsに対してもっと音楽をかっこよく聞きたい場合に

おすすめなコスパよいイヤホンと思います。またイヤホンの線が

ほんの少し平たくなっており、イヤホンの絡まる現象が少なく設計されているのも

グッドポイントです。

 

総評

音質   :★★★★☆(4点)

フィット感:★★★★☆(4点)

外音遮蔽性:★★★★☆(4点)

コスパ  :★★★☆☆(3点)

ゲーム  :★★★★☆(3点)

通話   :★★★☆☆(3点)

EarPodsから少し値段が上がりますが、その分しっかり音もよくなっています。

安いイヤホンを探していて、インイヤー型がいいならEarPods、カナル型

いいならCX 300Sといったところでしょうか。

 

SHURE SE215

さてさらに値段が高くなり1万円台に突入です。こちらは耳掛けタイプの有名な

イヤホンです。みなさんも見たことあると思いますが、こちらのSE215は

エントリーモデルとなっております。

このイヤホンのいい部分はまず耳掛けタイプであること。

耳掛けのメリットとしては、紐に負担がかかりにくいため、

断線の懸念がなくなったり、通常のカナル型に比べて耳への

装着感が上がることです。そのため遮音性は向上するため、

より音楽が聴きやすくなります。(電車内とかでおすすめ)

デメリットとしては装着がすこし手間取るので、その点は覚悟と慣れが必要です。

音の解像度も高いなので、遮音性と相まって聞こえる音も増えてきます。

音を起点にすると良いイヤホンですが、個人的にはこのイヤホンケーブルは

絡まりやすく、癖が治らない(癖がついたまま、まっすぐにならない)ので

その点がいまいちなのですが、このイヤホンのいいところはイヤホンケーブルを

別売りの線と交換できます。そのため断線してもケーブルを買うだけで

よかったり、ケーブルを変えることで、好みの見た目のケーブルにしたり、

音質向上を狙うことができます。純正ケーブルはいまいちなので交換を

お勧めいたします。

 

総評

音質   :★★★★★(5点)

フィット感:★★☆☆☆(2点)

外音遮蔽性:★★★★☆(4点)

コスパ  :★★☆☆☆(2点)

ゲーム  :★★★★☆(4点)

通話   :★★☆☆☆(2点)

好みがわかれるところですが、音楽を楽しみたい方はこのイヤホンが

おすすめとなりますが、装着方法等に癖があるので、気軽さを求める場合は

上で説明したイヤホンがおすすめです。

 

Bose QuietComfort 20

こちらは3万円弱のイヤホンです。用途としてはさらにShure SE215よりもさらに

遮音性を求められる場合におすすめなイヤホンです。こちらはインイヤー型と

カナル型の中間のイヤホン形状しており、装着感はApple EarPodsと

Sennheiser CX300Sの中間といったところです。音質でいえば、

個人的にSE215のほうに軍配が上がりますが、ノイズキャンセリングの質は

素晴らしく、きおの家の仕事部屋の状況的にはこのイヤホンはものすごく

重宝しております。

※きおの仕事部屋は3畳でエアコンがつけれないので、スポットクーラーを

置いており爆音がなっております。電話会議もゲームも支障出るくらい…

 

ノイズキャンセリングができる反面デメリットも当然あります。

ノイズキャンセルを有効にするためには充電が必要となり、フル充電で

連続16時間再生できるようです。充電が切れた場合はノイズキャンセルが

できなくなりますが、通常のイヤホンとしてそのまま使うことは可能です。

またノイズキャンセルをするための装置がイヤホン内に存在しているため、

携帯性は他イヤホンに比べると悪くなります。

 

総評

音質   :★★★★☆(4点)

フィット感:★★★★☆(4点)

外音遮蔽性:★★★★★(4点)

コスパ  :★★☆☆☆(2点)

ゲーム  :★★★★☆(4点)

通話   :★★★☆☆(3点)

ご使用される環境次第でおすすめ度は変わりますが、

ノイズキャンセリング付き有線イヤホンとしては唯一無二のイヤホンなので、

環境音が大きめの方には一番おすすめした一品です。

 

⑤Amnie Sound earcuffs 

さてガラッと方向性がかわりまして、耳をふさがないイヤホンを紹介します。

こちらはノイズキャンセリングとは対極の考え方のイヤホンで、

周りの音がきこえたまま、音楽を聴くというまさしく「生活に音楽がとけこむ」が

体現できているイヤホンです。この製品が販売された当時はかなり珍しく、

当時はアマゾンでも購入できないような製品でした。装着方法は変わっており

耳たぶにカフスのように装着するため、耳の穴には何も入っていない状態です。

音質でいえば、どうしても低音の表現が弱く迫力がない音に聞こえます。

ただそのデメリットに対して、環境音が聞こえるので、イヤホンしながら、

音楽を聴きながらの「ながら作業」にぴったりです。あくまでながら作業に

向いており、音楽をしっかり聴こうとすると音量をあげるひつようあり、

周りの音が聞こえなくなりますw

 

総評

音質   :★★☆☆☆(2点)

フィット感:★★☆☆☆(2点)

外音遮蔽性:★☆☆☆☆(1点)

コスパ  :★★★★☆(4点)

ゲーム  :★☆☆☆☆(1点)

通話   :★★☆☆☆(3点)

点数が低めですが、そもそも音質等今までのイヤホンの概念では表現できない

魅力ある商品です。きおは長時間つけていると耳タブが痛くなるので、

その点だけフィット感の点数を下げております。

 

Sony STH40DJP

こちらも耳をふさがないコンセプトのイヤホンでAmbie earcuffsの少しあとに

販売されたイヤホンです。同じコンセプトですが、装着方法は異なりこちらは

耳の穴付近に引っ掛けるタイプです。Ambie earcuffsに比べるとホールド感は

少しないですが、耳が痛くならないので長時間装着しても苦しくないです。

Ambie earcuffsと違ってイヤーチップは耳のサイズに合ったものを装着しなければ

音の聞こえ方や、装着感が安定しないので、きちんと自分のサイズに合ったものを

使用することをお勧めいたします。

音質についてはやはりこのタイプはしょうがないと思いますが、低音の表現力は

低いです。ですが解像度は高く低音に目をつぶれば及第点と感じています。

きおはこのイヤホン大好きなのですが、残念ながら廃盤になっており、

今アマゾンでは定価の3倍くらいの値段で販売されております。(再販希望)

 

総評

音質   :★★★☆☆(3点)

フィット感:★★★★☆(4点)

外音遮蔽性:★☆☆☆☆(1点)

コスパ  :★☆☆☆☆(1点)

ゲーム  :★☆☆☆☆(1点)

通話   :★★☆☆☆(3点)

こちらも点数低めですが、在宅ワークをし始めて、スピーカーフォンで

電話会議参加しているときに、音楽を聴くために愛用しております。

(会議中に音楽聞くなよ(;´・ω・))

 

⑦SteelSeries Arctis 3 Bluetooth

ヘッドホン編のおすすめに行きたいと思います。まずはゲーム用ヘッドセットです。

SteelSreriesというゲーミングデバイスメーカーのArctis 3 Bluetoothです。

気を付けていただきたいのは【Arctis 3】と【Arctis 3 Bluetooth】の2

種類存在するので、間違えて購入しないようにお願いいたします。

名前の通り【Arctis 3 BluetoothBluetoothが搭載されております。

いいポイントは3.5mmジャックはPS4につなげてゲーム音を聞いて、

Bluetoothで携帯につなげてDiscordやLineの会話ができることです。

ただしマイクはBluetoothが優先となるので、携帯で通話しながら

PS4のゲーム内ボイチャに音声は入力はできませんので、

ゲーム内ボイチャしたければBluetooth切断する必要があります。

でもこんな便利な機能があるのにあまり知られていないのが

もったいないと思っています。

 

総評

音質   :★★★★☆(4点)

フィット感:★★★★☆(4点)

外音遮蔽性:★★★☆☆(3点)

コスパ  :★★★★☆(4点)

ゲーム  :★★★★★(5点)

通話   :★★★★☆(4点)

ゲーミングヘッドセットですが、音質もよく音楽をきくのも可能です。

結構おすすめですが、最近廃盤になっていそうな予感。

リンク先のアマゾンだと購入した時の倍くらいの値段になっています。

( ;∀;)

 

⑧Audio Technica ATH-M50x

さて続いてはオーテクのこれまた有名なATH-M50xです。

モニタリングヘッドホンと言いまして、装飾されてない音を出すヘッドホンです。

そのため原音忠実な音質となっており。へたに強調された音域もなく解像度も

高いため、いつもの音楽を聴いていると新たな音の発見が楽しめます。

なんとなく曲の作り手はこのバランスで聞かせたかったんだろうなぁと感じながら

音楽を聴いてみるのもありかもしれません。上を見ればきりがありませんが、

この価格でバランスの良い音質を聴けるので、コスパは相当いいと思います。

売れている理由がわかります。

でも、きおは長時間このヘッドホンをつけると耳が痛くなります…(+o+)

 

総評

音質   :★★★★★(5点)

フィット感:★★☆☆☆(2点)

外音遮蔽性:★★★☆☆(3点)

コスパ  :★★★★★(5点)

ゲーム  :★★☆☆☆(2点)

通話   :☆☆☆☆☆(0点)

マイクがついていないので、ゲーム内ボイチャをする、きおとしてはゲームの

評価を下げざるを得ませんが、音楽集中して聞く場合は完ぺきなヘッドホンです。

 

⑨Shokz OpenComm

さらに変わり種に行きます。骨伝導イヤホンです。テレワークが多くなってきて、

ヘッドセットとして骨伝導を購入いたしました。そのため用途としてはテレワークの

通話専用です。これも耳を防がないイヤホンと同じように環境音を聞きながら音声が

聴けるものです。きおが持っているのはこのマイク付きです。

在宅ワークの時しか使わないです。装着している姿が少し恥ずかしいので(〃ノωノ)

 

総評

音質   :★★☆☆☆(2点)

フィット感:★★★☆☆(3点)

外音遮蔽性:★☆☆☆☆(3点)

コスパ  :★★☆☆☆(2点)

ゲーム  :★☆☆☆☆(2点)

通話   :★★★★★(5点)

どうしても音楽を聴くと、バランスが悪いので音質は悪いです。

ただし通話での使用感はばっちりです。不満としてはきおはフィット感が悪く

笑ったりすると接点が小さくなるのか音声が小さくなるので、

笑いながら通話できない点とちょっと値段が高すぎる点です。

もっと安かったらいいのに…

 

Apple Airpods3

本ブログ最後の紹介はAirpods3です。きおは1~3とAirpodsProも持っていましたが、Airpods3が一番コスパが良いと思っています。以前のものと比べると音質も向上し、

防水になったので、ランニングにも使える仕様となっています。

やはり完全ワイヤレスイヤホンはケーブルのわずらわしさから解放されるので、

非常に素晴らしいので、通勤やジョギングに使うのがぴったりです。

問題はやはりバッテリーに縛られてしまう点と、バッテリーの劣化で

いつか買い替える必要がある点です。初代Airpodsはもう30分もバッテリーが

持たないので、買い替えするしかなく今持っているAirpods3も

いつかバッテリーの問題で買い替える必要があると考えると、

有線イヤホンを完全になくすことはできないと考えさせられます。

 

総評

音質   :★★★★☆(4点)

フィット感:★★★★☆(4点)

外音遮蔽性:★★★☆☆(2点)

コスパ  :★★☆☆☆(2点)

ゲーム  :★☆☆☆☆(2点)

通話   :★★★★☆(4点)

マイク機能も初代に比べてアップデートされており、

風切り音を少なくしてくれているのが地味にうれしいポイントです。

イヤホンの手軽さでは断トツなので、きおの通勤のお供になっています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。長文を読んでいただき誠にありがとうございます。

持っている人はもっといろいろ持っていると思いますが、

きおでも十分いろいろイヤホンを持っているほうだと思います。

結局用途によって使い分けをしたいときもありますので、

どうしても数が多くなってきてしまいます。

何か購入を検討されている人の参考になればと思います。

 

それではまた

 

きお

 

 

 

 

【名曲紹介】女王蜂 デスコ

こんにちは きおです。

 

名曲紹介をしていきます。

 

今回はこの曲


www.youtube.com

 

いかがですか?この曲は確か音楽雑誌で紹介されていて、知った曲です。

当時はまだLGBTなんて言葉もまだ流行っていなかった時代に、

本当にボーダーレスな曲調・要旨・存在であり衝撃を受けました。

 

このバンドのファンというわけではないので、実際のボーカルの性別等は

正直わかっていませんが、高音から低音、男性声から女性声まで幅広く

歌い分けています。

 

さらに面白いのは、上記取り上げた以外の曲についても、ジャンルが

ロックからヒップホップまで縦横無尽に展開しており、わくわくするような

曲が多いです。

 

今回この曲を取り上げた背景としては、最近はやりのFirstTakeで久々に

女王蜂の曲を聞いたのでついついみなさんにシェアしたくなりブログに

書いてみました。

 


www.youtube.com

 

 

みなさんの新しい世界の入り口になればと思います。

では本日はこの辺で

 

きお

 

 

 

【ガジェット紹介】PeakDesign Everyday Sling 6Lを貰った!!

皆さん

こんにちはきおです。

 

日々忙しくしているためブログが更新できません。

ありがとうございます。

 

先日きおの誕生日がありまして、

妻から誕生日プレゼントをいただきました!!

 

まえまえから欲しいと言っていたPeakDesignの

Everyday Sling 6L」をいただきました!!

 

うれしい!!

うれしい!!

 

以前からPeakDesignのかばんは色々と持っていて、

このスリングバッグはほんとに欲しかったです。

 

今現在きおの持っているバッグは下記です。                多いな(;´・ω・)

いろいろ持っていますが、やっぱり用途によって使い分けるので

やっぱりいくつあっても足りないくらいです。

なかなか妻に理解してもらえないですが、

それでもスリングバッグをプレゼントいただけました!!

 

本日は今回入手したスリングバッグ含めて

今きおが持っているカバンの正直レヴューをしていきます。

 

PeakDesign Everyday Backpack 30L V2(新型)

PeakDesign Everyday Backpack 20L V1(旧型)

使い方

 家族でのお出かけ。(遠出前提)

入れるもの

 ・α7c

 ・モバイルバッテリー

 ・ノートパソコン

 ・配線関係

 ・おむつ

 ・子供用のお茶

 ・子供用のご飯

 ・子供用のお菓子

正直レビュー

 ・色々荷室を区切ることができる

 ・バッグ容量の表記は最大限まで詰め込んだ時の容量なので、

  実際に30Lのカバンに30L分詰め込むとかなり不恰好になります。

 ・30Lのバッグに20Lくらいを詰め込むとかっこいいシルエットのまま使えます。

 ・カメラバッグとしては申し分なく。カメラを詰めるには便利ですが、

  容量を表記通り使いにくいので、思ったより荷物は入らない印象です。

 ・チャックやポケットなど小物を入れるスペースが多いので予備の電池や

  SDカードなど小分けで収納することができます。

 

 

PeakDesign Everyday Messenger 15L V1(旧型)

使い方

 カメラ撮影前提の近くへの外出

入れるもの

 ・α7c

 ・交換用レンズ

 ・モバイルバッテリー

 ・子供用のお茶

 ・子供用のお菓子

 ・iPad

正直レビュー

 ・一眼レフ・ミラーレス機を持ち運びつつ、レンズを複数持ち運ぶにはピッタリ

 ・ショルダーの紐がワンタッチで伸び縮みしやすいので長さ調整が簡単

 ・機材を詰め込むと鞄が重くなり肩が凝りやすい。(リュックのほうが楽)

 ・パソコン・タブレットを入れる荷室がありますが、クッション性がなく、

  入れるて持ち運ぶのが不安

 

 

Incase EOTravel Duffel 45L(もう国内正規品はないみたい)

使い方

 外泊(車移動前提)

 ※車で移動しない場合はスーツケースを使います。

入れるもの

 ・家族の着替え一式

 ・ノートパソコン

正直レビュー

 ・45L入るのでたくさん荷物が詰め込めます。

 ・見た目がかっこいい。

 ・パソコン・iPadを入れる荷室があり、傷つかないようにケアされた生地

 ・機能がシンプルなので使いやすく、レビューのしがいがないですね。

 

Incase City Backpack 20L

使い方

 通勤・1泊2日の国内出張

入れるもの

 ・会社パソコン

 ・書類

 ・電源コード

 ・電話会議用スピーカーマイク

 ・AirPods

 ・財布

 ・代えのワイシャツ(出張時)

 ・代えの下着(出張時)

 ・代えのアンダーシャツ(出張時)

正直レビュー

 ・通勤に使用できるくらいカジュアルすぎない

 ・上部に小物入れがあり鍵やAirPodsを入れれる。

 ・パソコンを入れるスペースがあり、傷付かないようにケアされた生地使用

 ・20Lを使っていますが、1泊2日まではぎりぎり耐えれる容量

 ・泊まり出張が多い人は30Lのほうがおすすめ

 

Incase Side Bag

使い方

 子供と近所へのお出かけ、車でコンビニ行く時など

入れるもの

 ・車の鍵

 ・財布

 ・ZV-1

 ・ZV-1用の予備バッテリー

 ・iPhone

正直レビュー

 ・使い勝手は◎

 ・サイドポケットはあまり使いません

 ・iPhoneを入れるのは最適なポケットあり

  ただしケースをつけると入りません・・・

 

以上が今持っているカバンのレビューとなります。

今回もらった新しいバッグについては使い込んでから、

またレビューしたいと思います。

 

ではでは。

 

きお

 

 

 

 

【雑談】povoについてどうしても言いたい

みなさん

 

こんにちはきおです。

本日はどうしても愚痴りたいことがあります。

同じ経験する人多いと思います。

 

と、言うのもですね。私はauからpovoに変えた人です。

そりゃみんな携帯料金は安いほうがいいと思うと思います。

povoは店舗を持たないので不便なこともあると思っていましたが、

店舗を持たないとか以前の問題にぶち当たりましたのでみなさんに

共有したいと思います。

 

そう機種変更というめちゃくちゃハードルの高い作業です。

 

povoの機種変更の難しさ

auオンラインショップからの購入

 auオンラインショップはau以外の人も購入できるので

 難しくないだろうと思いましたが、そんなことなかった。。。

 分割購入の申込みにauIDが必要になります。でもpovoの番号では

 auIDが作れないため、auIDを作るために別の携帯が必要になります。

 

 携帯を購入するために、別の携帯が必要になるという謎仕様・・・

 私の場合、会社携帯があるのでなんとかなりましたが、普通無理やん( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

②povoの場合の購入する白ロム携帯

 povoの人が機種変更する場合は、必ず白ロムが必要になります。

 携帯なんてどれも一緒と思っていましたが、白ロムというのが存在しているらしく

 auオンラインショップでわざわざ白ロムを選んで購入する必要があります。

 しかもわざとと思うくらい、品揃えが悪く例えばiPhoneを選ぼうとしても

 真ん中の容量しか在庫が存在してなかったり不便極まりないです。

 

③替え得プログラム系の落とし穴

 povoの場合、携帯はauオンラインショップで購入

 替えとくプログラムはpovoに申込み

 ただこの二つの連携がすこぶる悪い・・・

 

④回線切り替え

 povoの機種変更の場合、どこにも情報がありません。

 今回の変更はsimカードを差し替えるだけの単純作業でしたが、

 simカードサイズが違う場合や5G対応携帯の場合こうも単純にいかないと思います。

 ここら辺はpovoのホームページでわかりやすく説明してほしいところです。

 

⑤お客様センターへの問い合わせ

 auオンラインショップで購入した携帯について問い合わせをするため

 カスタマーサービスへ電話するもpovoの番号でかけた場合、音声アナウンスで

 povoはホームページへ行けと言われる・・・ホームページでわからないし、

 auオンラインショップで購入しているのにこの扱いって?( ´∀`)

 結局184発信で電話してなんとかオペレーターと話すことができました。

 

⑥povo1.0とpovo2.0の違い

 povo1.0は機種変更のハードルが高い

 povo2.0は機種変更のハードルが低い

 auの人たちはどう考えてもpovo1.0の人を冷遇しているとしか思えない・・・

 

以上がpovoで機種変更する際のめんどくさかった点です。

正確に言えばpovo1.0の人が携帯を変える場合はauもしくはpovo2.0に変更を

促していると思えるくらいpovo1.0の機種変更はしづらいです。

 

結局povo1.0で他キャリアからの移籍を誘導しておいて、

不便さからauかpovo2.0への変更を仕向けて、povo1.0を無くそうとしているんだと思います。

 

悔しいので一生povo1.0にしてやろうと誓った今日この頃・・・

 

みなさんもpovo1.0で機種変更される場合は、

上記参考にして購入して見てください。

 

ではでは

 

きお